engin_warning_icatch

車のヒューズからの電源取り出しでエンジン警告灯が点灯したときの対処法

車のヒューズからの電源取り出しでエンジン警告灯が点灯したときの対処法

engin_warning_icatch

車のカスタムで、電源を車のヒューズボックスから取り出すことってよくありませんか?

最近の車を所有していて、ヒューズボックスから電源の取り出しを行う方は、手順に注意が必です

先日、車のヒューズボックスからの電源の取り出しを自分で行ってみました。

作業終了後に運転してみると、タコメーターにふと見慣れないランプが点灯していることに気が付きました。

調べてみると、それはなんと「エンジン警告灯(故障警告灯)」のランプでした。

走行中に車が壊れたのか、はたまた車のカスタム中に車を壊してしまったのか、困った事態に陥ってしまいました。

これから車のヒューズボックスから電源を取り出してみようと考えている方や、電源を取り出した結果、エンジン警告灯/故障警告灯(mil)が点灯してしまった方に参考になればと思います。

おったん
私の場合は、エンジン警告灯が黄色に点灯しました
もし赤く点灯した場合は、即座に運転を控えたほうがよいそうです

エンジン警告灯/故障警告灯(mil)とは

エンジン警告灯/故障警告灯(mil)は、エンジンまたはトランスミッションシステムに異常があると点灯する下記の画像のランプです。

正常な状態では、エンジンスイッチをONの位置にすると点灯し、エンジンをかけると消灯します。

今回、このランプが走行中に点灯しっぱなしであることに気が付きました。

エンジン警告灯/故障警告灯(mil)に関する説明は、下記の通りです。

エンジンまたはトランスミッションシステムに異常があると点灯します。正常な状態では、エンジンスイッチをONの位置にすると点灯し、エンジンをかけると消灯します。

TOYOTAの公式ページから引用

エンジン回転中にMILが点灯または点滅したときは、エンジン電子制御システムに異常が発生したおそれがあります。ただちに日産販売会社に連絡してください。 点灯したまま走行を続けると、走行性の低下、燃費の悪化、エンジンの破損などにつながるおそれがあります。

NISSANの公式ページから引用

man_tobideruおったん
そのまま走行するとエンジン破損のおそれとか怖すぎ!!!

engin_warning

どのような状況でエンジン警告灯/故障警告灯(mil)が点灯したか

参考までに、エンジン警告灯/故障警告灯(mil)が点灯したとき、車は下記のような状態でした。

  • 現行モデル
  • およそ3年落ちの中古車
  • 車検から半年程度経過
  • これまでの故障歴0
  • 故障の予兆などの気になる点はなし
  • 電源の取り出しを行ったあとに点灯した可能性がある
man_face3おったん
電源取り出しとは関係なく急に壊れた可能性もあるな
また、下記のような商品で車のヒューズから電源の取り出しを行いました。

対処方法について

①エンジン警告灯/故障警告灯(mil)をリセットをしてみた

自動車メーカーや車種によっては、エンジン警告灯/故障警告灯(mil)をリセットすることや自己診断でエラーコードを読み取ることができるようです。

下記のようなサイトやYoutubeを参考にエンジン警告灯/故障警告灯(mil)をリセットすることを試みました。

新型値引き情報

今回は、トヨタ車のエンジン警告灯の消し方について、詳しくご紹介していきます! 車のメーターを見ると、スピードメータ近くに…

新型値引き情報

今回は、日産車のエンジン警告灯の消し方について、詳しくご紹介していきます! エンジン警告灯は、エンジン制御系のシステムに…

man_face4おったん
問題ない場合、これらの操作でランプは消えるようです
何度も試しましたが、結局はエンジンをかけるとランプが点灯して消えることはありませんでした

②ディーラーで点検をお願いした

エンジン警告灯/故障警告灯(mil)のランプが点灯してからリモコンキーが効きにくくなりました。

EUCのリセットなどを自分で試してみようと思いましたが、これ以上不具合が出ると面倒だなと感じて、諦めました。

警告灯のランプが点灯した日にディーラーに連絡をし、その翌日にディーラーにて車の点検を行いました。

man_face2おったん
自分でヒューズボックスから電源を取り出したことを正直に伝えました

エンジン警告灯/故障警告灯(mil)が点灯した理由

ディーラーで点検を行ったところ、警告灯が点灯した理由は、バッテリーの電源を取り外さずにヒューズからの電源取り出しを行ったことでした。

整備士の方からどのような検査結果だったのか、詳しく教えていただくことができました。

おったん
どんなエラーが出ていたのでしょうか
business_man_ideaディーラーの人
下記の「CAN通信系(ECM)」と「スピンドルセンサ」にエラーが残っていたものの、実際に壊れてはいませんでした

engin_warning02

business_man_laughディーラーの人
リセットしたら下記の通り、エラーは消えたので問題なくお乗りいただけます
おったん
よかったです
点検をありがとうございました

engin_warning01

新車で購入し、保証がある場合には、無料で点検してくれる場合もあるようです。

今回は、保証の範囲外であったため、車の点検に¥3,300の診断料がかかりました。

新車を購入したわけではないので、ディーラーに行くのは少しハードルが高く感じましたが、とても親切な対応でした。

engin_warning03

最近の車をDYIでカスタムする際の注意点

最近の車でヒューズから電源取り出しを行う際は、必ずバッテリーを外しましょう。

バッテリーを外さないと、エンジン警告灯/故障警告灯(mil)のランプが点灯してしまう場合があるようです。

また、バッテリーを外してしまうと、ナビの設定等はリセットされてしまうので再設定が必要になります。

man_face1おったん
バッテリーは基本的にマイナスから外してプラスから取り付けます

まとめ

この記事では、車のヒューズからの電源取り出しでエンジン警告灯/故障警告灯(mil)が点灯したときの対処法についてまとめました。

ヒューズから電源取り出しを行う際は、必ずバッテリーを外しましょう。

最近の車は、昔の車と比較すると電気系統のセンサーが敏感なようです。

ディーラーの整備士によると、車内のルームランプをLEDに交換するだけでもノイズが乗ってしまい、リモコンキーが効きにくくなるという問題も起きてしまうようです。

DYIで車の電装系をカスタムする場合は、十分に調べてから行ったほうがよさそうです。

この記事が、車のヒューズからの電源取り出しでエンジン警告灯/故障警告灯(mil)が点灯して困っている方に参考になれば幸いです。

engin_warning_icatch
最新情報をチェックしよう!